Try TT Now

X TRADER® JA

相場状況でのキーボード取引

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

キーボードを使って、ホットキーで [相場状況] (Market Window) にて注文をすばやく発注できます。[プロパティ] の [ホットキー] (Hot Keys) タブにて追加できます。

キーボードを使用した注文枚数および価格の制御

枚数または価格の調整には、マウスまたはスピン ボタンが使用される場合があります。ただし、キーボードを使用して、枚数や価格を手動で入力することも可能です。

キーボードを使用して注文枚数または価格を入力するには

  1. 銘柄情報の価格または枚数セルをクリックして選択します。
  2. F2 を押して [買注文] (Buy order) を発注します。

または

F11 を押して [売注文] を送信します。

  1. TAB (タブ) キーまたは SHIFT+TAB を押して、[枚数] (quantity) または [価格] (price) をテキストボックスへ移動します (上記に表示) 。

    :* (アスタリスク) を押して、100 で既存注文を乗算することもできます。

  2. キーボードを使用して値を入力します。

: [プロパティ] (Properties) メニューの [ホットキー] (HotKeys) タブでショートカットキーを有効に設定します。

マウスを使用した注文枚数または価格の制御

ユーザの多くは、枚数と値の入力に、キーボードまたは回転ボタンを使っています。ただしマウスを使って、注文枚数を増加・減少させることもできます。

マウスを使用して注文枚数および価格を変更するには

  1. [銘柄情報] (Market Grid) のセルをクリックして選択して、[発注] (Order Entry) 画面を生成します。
  2. [注文枚数] (Order Quantity) 欄または [価格] (Price) 欄のいずれかをクリックします。 (上に記載)
  3. 数値を増加させるには右クリックします。

または

数値を減少させるには左クリックします。

キーボードを使用した注文の発注

必要に応じて、キーボードで使用可能なホットキーを使用して、取引ができます。 現在の売/買気配値の発注、売注文/買発注の執行のホットキーを有効にして、[Properties] メニューの [ホットキー] タブにて設定できます。

既定のホットキーの一覧については、発注画面を使用したキーボード取引 を参照してください。

共通プロパティ メニューを使用して、キーボード取引を有効にするには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [ホットキー] (Hotkeys) タブをクリックします。
  3. [コンポーネント] (Component) セクションにて [発注画面] をクリックして選択します。
  4. [OK] をクリックします。

ホットキーを変更するには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [ホットキー] (Hotkeys) タブをクリックします。
  3. [キーボード レイアウト] 欄から、[カスタマイズ] をクリックします。
  4. [コンポーネント] (Component) セクションで、[発注画面] (Order Pane) をクリックします。
  5. [コマンド] (Command) セクションで、ホットキーを変更するコマンドをクリックします。
  6. [新規ショートカットキーの入力] (Press new shortcut key) 欄をクリックします。
  7. 選択したコマンドを割り当てるキーを1つまたは複数押します。

:キーの中には、ホットキーとして使用できないものもあります。(例: 削除バックスペースタブ キーなど)

  1. [割り当て] (Assign) ボタンをクリックします。

指定したホットキーが既に別のコマンドに割り当てられている場合は、 それを告げるメッセージが表示されます。

発注画面を使用したキーボード取引

キーボードを使用して、発注画面にて取引ができます。キーボード取引を有効にしても、マウスは引き続き使用できます。

ホットキーの有効化と変更の手順については、キーボードを使用した注文の発注 を参照してください。

既定では、MD Trader のキーボード ホットキーは以下の2つのカテゴリーに分類されます。

ファンクション ホットキー

ファンクション ホットキーとは、キーボードの一番上にある Esc キーと F キーを示します。また [ホーム] (Home) キーと [終了] (End) キーも含まれています。

TT 既定マップ

詳細
コマンド詳細

買注文の投入 (Seed to take the Offer)

ブローカー モードが有効の場合、強調表示された銘柄の最良売値で値投入して、買いとして発注画面に設定します。

買気配値で投入 (Seed to Join the Bid)

 

ブローカー モードが有効の場合、強調表示された銘柄の最良買値で値投入して、買いとして発注画面に設定します。

クロス注文の作成 (Create Cross Order)

[モディファイア] 画面で選択したクロス注文で、選択した限月に値を投入します。

発注画面を閉じる (Close Order Pane)

簡易発注画面を閉じて、投入した注文を送信せずに、親ウィンドウに焦点を戻します。発注画面が固定されている場合、このホットキーは [クリア] ボタンをクリックするのと同じ効果を持っていて、フォームは終了されません。

発注枚数欄を選択 (Set Focus on Quantity)

強調表示された枚数欄にキーボードの焦点を合わせます。

価格欄を選択 (Set Focus on Price)

強調表示された価格欄にキーボードの焦点を合わせます。

売気配で投入 (Seed to Join Ask)

ブローカー モードが有効の場合、強調表示された銘柄の最良売値を投入して、発注画面を「売」に設定します。

買気配値で投入 (Seed to Hit the Bid)

ブローカー モードが有効の場合、強調表示された銘柄の最良買値を投入して、発注画面を「売」に設定します。

: 発注画面を簡易発注 (FOE) の形式で使用している場合、枚数に焦点が置かれて、新規の発注画面が起動されます。

0 が入力されるか、既定の枚数を設定すると、既定枚数または最大発注枚数より少ない枚数が入力されます。

メイン ホットキー

メイン ホットキーは、キーボードの中央本体にあるキーです。

TT 既定マップ

詳細
ホットキーコマンド詳細

Shift+A

口座欄を選択 (Set Focus on Account)

強調表示された [口座] 欄にキーボードの焦点を合わせます。

Shift+C

顧客欄を選択 (Set Focus on Customer)

強調表示された [顧客] 欄にキーボードの焦点を合わせます。

Shift+F

FFT2欄を選択 (Set Focus on FFT2)

強調表示された FFT2 欄にキーボードの焦点を合わせます。

Shift+T

注文タイプ欄を選択 (Set Focus on Order Type)

強調表示された 注文タイプ (Order Type) ドロップダウン リストにキーボードの焦点を合わせます。

Ctrl+S

売注文の発注 (Submit Sell Order)

売り注文を発注します。このキーを押すと、[] ボタンをクリックするのと同じ効果があります。

発注画面が買チケットとして設定されている場合、このホットキーによりフォームが売チケットに切り替えられますが、注文は送信されません。

Ctrl+B

買注文の発注 (Submit Buy Order)

買い注文を発注します。このキーを押すと、[] ボタンをクリックするのと同じ効果があります。

発注画面が売チケットとして設定されている場合、このホットキーによりフォームが売チケットに切り替えられますが、注文は送信されません。

Shift+I

詳細欄を選択 (Set Focus on Advanced)

強調表示された [詳細] ドロップダウン リストにて、キーボードの焦点を合わせます。

Shift+O

発注設定欄を選択 (Set Focus on Order Default)

強調表示された 発注テンプレート ドロップダウン リストにキーボードの焦点を合わせます。

Shift+M

モディファイア欄を選択 (Set Focus on Modifiers)

強調表示された [モディファイア] ドロップダウン リストにキーボードの焦点を合わせます。

Shift+8注文枚数 X 1000 (Multiple Order Quantity X 1000)

発注画面で注文枚数を 1000 で乗算します。

:枚数が現在 5 である場合、* を押すと枚数は 5000 に増加します。

入力キー (Enter)

簡易画面で発注 (Submit Order for Floating Order Pane)

簡易発注から設定済みの注文を送信します。このキーは、[] または [] ボタンをクリックするのと同じです。

: 簡易発注モードとブローカー モードが設定されている場合にのみ適用されます。

オーダーバーを使用したキーボード取引

キーボードを使用して、オーダーバーでの作業を簡単に行うことができます。既定のホットキーやカスタマイズしたホットキーを使用します。

TT 既定マップ

詳細

 

ホットキーコマンド詳細

G

買気配値のある価格帯に注文 (Launch to join bid)

買値が投入および焦点が合わせられた、買オーダーバーを起動します。

F2

オーダーバーを起動して買発注 (Launch to take offer)

売値が投入および焦点が合わせられた、買オーダーバーを起動します。

ホーム (Home)

発注枚数欄を選択 (Focus on quantity)

枚数欄を編集できます。

終了 (End)

価格欄を選択 (Focus on price)

価格欄を編集できます。

タブ (Tab)

拡張設定欄 (Advance)

次の欄にカーソルを設定します。

入力キー (Enter)

注文の発注 (Submit order)

定義どおりに注文を発注して、オーダーバーを閉じます。

Esc

オーダーバーを閉じる (Close Order Bar)

オーダーバーウィンドウを閉じます。

Num Lock

続行

キーパッドを使用した数字の入力 を有効にします。

-

数値を減少 (Decrease value)

編集中の欄の数量値を減少させます。

+

数値を増加 (Increase value)

編集中の欄の数量値を増加させます。

H

起動してJoin Ask (売気配で売)

売値が投入および焦点が合わせられた、売オーダーバーを起動します。

F11

オーダーバーを起動して売注文を発注 (Launch to hit bid)

買値が投入および焦点が合わせられた、買オーダーバーを起動します。

キーボード取引の手順

オーダーバーを使用したキーボード取引を行うには、以下の手順を行います。

ホットキーを使用して取引を行うには

  1. 指定したキーを用いて、買オーダーバーまたは売オーダーバーを呼び出します
  2. 注文枚数および価格を入力します。
  3. 次の欄に進むには TAB (タブ) を押します。前の欄に戻るには、SHIFT+TAB を押します。  
  4. ENTER キーを押して注文を送信します。

オーダーバーにホットキーを割り当てるには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [ホットキー] (Hotkeys) タブをクリックします。
  3. [キーボード レイアウト] 欄から、[カスタマイズ] をクリックします。
  4. [コンポーネント] (Component) セクションで、[オーダーバー] をクリックします。
  5. [コマンド] 列で、ホットキーを割リ当てるコマンドをクリックします。
  6. [新規ショートカットキーの入力] (Press new shortcut key) 欄をクリックします。
  7. 選択したコマンドを割り当てるキーを1つまたは複数押します。

:キーの中には、ホットキーとして使用できないものもあります。(例: 削除バックスペースタブ キーなど)

  1. [割り当て] (Assign) ボタンをクリックします。