Try TT Now

X TRADER® JA

RFQ の概要

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

X_TRADER で RFQ 機能を使用する前に、[銘柄情報] (Market Grid) にて、既定の RFQ 枚数を設定して [RFQ] ボタンを表示する必要があります。

  • X_TRADER ASP モードで X_TRADER を使用する場合、TT User Setup にて RFQ 機能を有効にします。
  • X_TRADER ASP 環境のブローカー管理者は、ユーザーごとに RFQ を有効化または無効化できます。X_TRADER ASP モードで無効化した場合、[RFQ 送信] コマンドは [プライド ボード] (Quote Board)、[スプレッド価格表] (Spread Matrix)、MD Trader、[銘柄情報] (Market Grid) で灰色表示されます。
  • デモ取引モードで X_TRADER を実行している場合は、RFQ 機能を利用できません。

手順 1: RFQ を設定するには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。[プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [発注] (Order Entry) タブをクリックします。
  3. 既定の RFQ 枚数を設定します。

  4. クリックして [タイマー (秒)] (Timer (sec)) ボックスを選択し、秒数を設定します。RFQ ボタンが緑色になり、RFQ が受信されたことを示します。

手順 2: [銘柄情報] にて RFQ 列を表示するには

  1. [銘柄情報] (Market Grid) にて右クリックすると、コンテキスト メニューが表示されます。

  2. [列の表示と非表示] (Show/Hide columns) をクリックして、[RFQ] 列を選択します。

    各銘柄に対して、[RFQ] (クォート要求) ボタンが [一括取消] (Del Srs) 列の後に表示されます。

RFQ の編集と送信

RFQ を編集、生成、および送信するには、以下の手順を行います。

:Multi-Broker モードで X_TRADER を使用する場合は、RFQ 機能を有効にする前に、ブローカーを [ブローカー] 列に入力する必要があります。ブローカー管理者が TT User Setup でユーザーの RFQ を無効化している場合、[RFQ 送信] コマンドは右クリック コンテキスト メニューで灰色に表示されます。

1つの RFQ の送信

  1. RFQ 列が [銘柄情報] (Market Grid) で表示されていることを確認します。
  2. [銘柄情報] にて [RFQ] (クォート要求) ボタンをクリックして、該当する銘柄のクォート要求を送信します。新しい RFQ が取引所に送信されました。

複数の RFQ を送信するには

  1. [銘柄情報] (Market Grid) にて、2銘柄以上をクリックして選択します。

    注: 複数の銘柄を選択するには CTRL キーを保留して銘柄を選択します。

  2. [銘柄情報] (Market Grid) で選択した銘柄や複数の銘柄を右クリックして、コンテキスト メニューを開きます。

  3. [RFQ の送信] (Send RFQ) をクリックして、取引所に送信する前にクォートを表示します。[クォート要求] (Request For Quote) ダイアログボックスが開かれるので、クォートを表示して送信できます。「寄付き」 (indicative) または 「取引可能」(tradeable) の RFQ タイプを選択できます。
  4. [送信] (Send) をクリックして、現在の相場に基づいて未修正のクォートを再度作成します。

新しいクォートが取引所に送信されました。

RFQ の編集 (価格などの情報の変更)

  1. [銘柄情報] (Market Grid) から、右クリックして銘柄を選択します。コンテキスト メニューが表示されます。
  2. [RFQ の送信] (Send RFQ) をクリックして、取引所に送信する前にクォートを編集します。[クォート要求] (Request For Quote) ダイアログボックスが開かれるので、RFQ を編集できます。
  3. 必要に応じて RFQ を編集し、[送信] をクリックします。

RFQ の追跡

取引所から発行されたクォートに関するすべてのメッセージは、[クォート履歴] (Quote Audit Trail) に表示されます。このウィンドウを使用して、送信するクオート イベントの確認や、 受信するクォート イベントを監視できます (クォート要求など) 。

X_TRADER では、[クォート履歴] (Quote Audit Trail) を使用して RFQ 関連のイベントを監視します。[クォート履歴] には、取引所からの RFQ 関連のメッセージが表示されます。このメッセージを使用して、受信 RFQ または送信 RFQ を監視します。

クォート履歴 (Quote Audit Trail) を開くには

[コントロール パネル] から、[ウィンドウ] メニューをクリックして、[クォート履歴] (Quote Audit Trail) を選択します。