X TRADER® JA

RFQ MiFID II

MiFID II コンプライアンスに対応するため、ユーザーが RFQ を送信する際に、該当する MiFID II 欄が取引所に送信されます。[銘柄情報] (Market Grid)、[スプレッド価格表] (Spread Matrix)、[ストラテジー作成] (Strategy Creation)、[ホールセール注文] (Wholesale Order)、[クォート ボード] (Quote Board) ウィンドウから RFQ を送信する際、[顧客設定] (Customer Default] の [MIFID II] 欄が取引所に送信され、[システム履歴] (Audit Trail) には INFO メッセージとして表示されます。

: [スプレッド価格表] (Spread Matrix)、[ストラテジー作成] (Strategy Creation)、[クォート ボード] (Quote Board) ウィンドウでは、口座を変更できないので、ベストマッチの <Default> 顧客が使用されます。これらのウィンドウから RFQ を送信する際、該当する <Default> 顧客に対して、[顧客設定] で [MiFID II コンプライアンス] 欄が設定されていることを確認してください。