Try TT Now

X TRADER® JA

取引ウィンドウ (Trading Windows)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

X_TRADER の直感的なコンポーネント ベースのデスクトップを活用すると、世界中の多数のマーケットにアクセスできます。 ワークスペースをカスタマイズして、先物、オプション、スプレッド、ストラテジー、債券、エネルギー、通貨の組み合わせで自在に取引できます。

  • 総括的な多層ビューを使って、取引所、銘柄タイプ、銘柄、限月ごとに銘柄を検索して選択します。または単純に銘柄名の一部または全部を入力して検索を行い、該当する銘柄の取引ウィンドウを起動します。
  • 簡潔なグリッド ビューにおいて、マーケットを監視して、すべての TT が接続している取引所の中で、複数の銘柄の注文を発注できます。上部画面にて複数の注文タイプを設定します。下部画面では、約定待ち注文やネットポジションなど、取引のためのリアルタイムのマーケット情報が表示されます。タブを使って1つのウィンドウに複数の画面を統合すると画面の使用スペースを節約できます。
  • 静的価格情報が表示される特許取得済みの MD Trader の板画面を使って、シングルクリックで発注、執行、取消しを正確に行うことができます。
  • 小さな発注ウィンドウを使って、画面のスペースの使用を最小限にとどめ、注文をすばやく送信できます。
  • 要約されたレイアウトにて、複数のアウトライト銘柄、限月間スプレッド、バタフライ、コンドルの表示と取引ができます。ここではマーケットの動きと価格の差異をすばやく評価できます。インプライド値、直接値、前日比、気配値を表示できます。簡易発注ウィンドウを使って、注文を発注してポジションを管理できます。
  • オプション ストラテジーをすばやく作成して、Excel のようなコマンドとインターフェースを使って簡単に RFQ を識別できます。
  • 計らい注文を作成、発注、管理して、最適な執行を行うことができます。