X TRADER® JA

2 要素認証

本オンラインヘルプは X_TRADER バージョン 7.17 及びそれ以降のバージョンのための情報です。それ以前のバージョンのヘルプは、ここをクリックしてください。

管理者はユーザー ログインに 2 要素認証を有効化することができます。これが有効化されると、ユーザーがログインを試みた際に、認証コードが含まれたテキスト メッセージ (SMS) か電子メールを受信します。パスワードに加え、X_TRADER®、X_RISK®、TT User Setup にログインする際に、ユーザーはこのコードを提供する必要があります。

ユーザーは、2要素認証を有効化する前に、TT User Setup で管理者が正しい SMS 番号か電子メール アドレスを生成していることを確認する必要があります。

警告: TT User Setup の管理者が表示する電子メール口座にアクセスできない場合、ユーザーはログインできません。また SMS 番号が誤っている場合も、ユーザーはログインできません。

一度有効化されると、ユーザーが最初にログインを試行した際に、TT User Setup は、自動的にユーザーの認証コードを SMS 送信または電子メール送信します。

2要素認証を有効化した後でユーザーが初めてログインを試みると、TT User Setup は、自動的にユーザーの SMS 番号か電子メールアドレスに認証コードを送信します。ユーザーは、続行するにはログイン ダイアログにこの値を生成する必要があります。SMS と電子メールの両方で、ユーザーは [Resend] (再送) ボタンを押して新しいコードを要求できます。