Try TT Now

X TRADER® JA

GMEX ホールセール取引

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[ホールセール注文] (Wholesale Order) ウィンドウを使って、GMEX 取引所でブロック注文をサポートする銘柄のブロック注文を発注できます。

GMEX のホールセール取引の発注

GMEX でホールセール取引を発注するには:

  1. [銘柄情報] (Market Grid) ウィンドウで、取引する銘柄を開きます。
  2. [銘柄情報] (Market Grid) で、銘柄を含む行を右クリックして、コンテキスト メニューからホールセール注文を選択します。

    Note: 以下の場合、ホールセール注文オプションは灰色に表示されます。

    • 管理者が TT User Setup でホールセール取引を有効に設定していない場合。
    • 銘柄と取引所がホールセール取引をサポートしていない場合。
  3. [注文タイプ] 画面でブロック注文が選択されていることを確認して、ブロック取引の枚数と価格を設定します。
  4. 以下に表示する取引所固有の欄をすべて入力します。

以下の表は、GMEX でホールセール注文を発注するための、一般的な欄を表示しています。.

GMEX ホールセール注文

X_TRADER 欄

値/例

説明

顧客 (Customer)

利用可能な顧客のドロップダウン リスト

X_TRADER の [顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウで選択した顧客のみが [顧客] (Customer) 欄リストに表示されます。

顧客を選択すると、顧客の口座番号と一緒に [口座名] (Account Number) 欄が生成されます。

: 顧客設定に変更を行う場合 (別の顧客の選択など)、[ホールセール注文] ウィンドウを再起動して、変更内容を反映させる必要があります。

口座番号 (Account Number)

フリーテキスト (最大 14 文字まで)

TT User Setup にて、買い手または売り手の GMEX ゲートウェイに TT 顧客口座番号を設定します。ブロック注文の口座番号は必要ですが、取引所には送信されません。

口座タイプ (Account Type)

A1-A9 (エージェント)

G1 (指定済ギブアップ取引)

G2 (指定済ギブアップ トレード)

P1-P2 (プロップ トレード)

M1-M2 (マーケット メーカー)

取引のための口座タイプと口座コードを設定します。

ギブアップ (G2) に設定されている場合、テイクアップ メンバー ID で [ギブアップ] 欄を生成する必要があります。

FFT2

フリーテキスト (最大 14 文字まで)

ユーザー定義の任意値ルーティング注文には必須ではありません。

FFT3

フリーテキスト (最大 14 文字まで)

取引所が割り当てた口座番号を示します。この欄は必須であり、値は FIX Tag 1 として取引所に送信されます。

Counterparty

顧客の特定情報

取引の各サイドの取引相手の会社名を設定します。この欄は必須です。

Present Value

少数 2 桁まで表示されます (例: 23.25)

現在値に関して限月の価格を設定します。この欄はオプションです。

以下の図は、一般ホールセール取引欄を使って Eurex ブロック取引を示しています。