Try TT Now

X TRADER® JA

NYSE Liffe U.S. ホールセール取引

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[ホールセール取引] ウィンドウを使用して、NYSE Liffe U.S にクロス注文を発注できます。

  • ブロック取引 (Block Trades):アウトライトもしくはストラテジー銘柄にて、大量取引を行います。
  • ベーシス取引:ベーシス取引は、先物レッグと現物 (またはキャッシュ) レッグを組み合わせた長期債券マーケットのストラテジーです。
  • アゲンストアクチュアル:先物レッグと現物商品先物レッグを組み込んだ商品先物マーケットのためのストラテジー。

[ホールセール取引] ウィンドウにある欄は、取引を行う銘柄やストラテジーのタイプに応じて異なります。銘柄がストラテジーの場合、そのストラテジーの関連レッグは、[ホールセール取引] ウィンドウの該当欄にリスト表示されます。

注:ストラテジーでのホールセール取引の発注に関する情報は、48 ページの「ストラテジー ホールセール取引」を参照してください。

NYSE Liffe U.S ホールセール取引の発注

以下の図は、NYSE Liffe U.S. での様々なホールセール取引の発注に使用できる欄を示しています (ギブアップ取引も提供しています):

NYSE Liffe U.S. ホールセール取引

ギブアップ

ブロック取引

ベーシス

アゲインスト アクチュアル

NYSE Liffe U.S. のホールセール取引

NYSE Liffe U.S. でホールセール取引を発注するには

  1. [銘柄情報] (Market Grid) ウィンドウで、取引する銘柄を開きます。
  2. [銘柄情報] (Market Grid) で、銘柄を含む行を右クリックして、コンテキスト メニューからホールセール注文を選択します。

    注: 以下の場合、ホールセール注文オプションは灰色に表示されます。

    • 管理者が TT User Setup でホールセール取引を有効化していない場合。
    • 銘柄および取引所がホールセール取引をサポートしていない場合。
  3. [注文タイプ] 画面で注文タイプを選択して、ブロック取引の枚数と価格を設定します。
  4. 以下に表示する取引所固有の欄をすべて入力します。

以下の表では、NYSE Liffe U.S. でホールセール取引を発注する際の、一般的な欄をリストしています。

NYSE Liffe U.S のホールセール取引

X_TRADER 欄

値/例

詳細

顧客 (Customer)

利用可能な顧客のドロップダウン リスト

X_TRADER [顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウで選択した顧客のみが [顧客] (Customer) 欄リストに表示されます。

顧客の選択を終えると、顧客の口座番号で [口座番号] 欄が生成されます。

注:[顧客設定] (Customer Default) に変更を加えると (例、別の顧客を選択など)、[ホールセール注文] ウィンドウを再起動させ、最新の変更を反映させる必要があります。

口座番号 (Account Number)

フリーテキスト (最大 14 文字まで)。

追加でユーザー定義の、クライアント識別子を設定します。

この欄は、ロンドン銘柄の場合はオプションであり、アムステルダム銘柄を取引する場合は必須となります。その他全てのマーケットでは、この欄は [清算指示] (Clearing Instruction) 欄を生成する場合にのみ必須となります。

この欄は [ClientInfo] (クライアント情報) として取引所 API に転送されます。

口座タイプ (Account Type)

ギブアップ (Giveup)

ハウス (House)

マーケット メーカー (Market Maker)

非分離 (Non Segregated)

分離 (Segregated)

顧客 (Customer)

取引が送信される口座のタイプを設定します。

すべてのマーケットで、[ギブアップ] に設定されている場合、ユーザーは [パーティ ロール] (Party Role) 欄にトレーダーまたはメンバーを指定して、[ITM] 欄に取引相手値を設定する必要があります。

:クロス取引の場合、[口座タイプ] は A1-U1 の値を使用します。これらの値の説明に関しては、NYSE Liffe U.S. オンラインヘルプの口座タイプ ページを参照してください。

パーティ ロール (Party Role)

メンバー

トレーダー

ITM (Individual Trader Mnemonic) 欄の値が、トレーダーITM またはメンバーITM に設定されているかどうかを設定します。この欄はギブアップ注文には必須です。

ITM

4HA

(例)

取引所ごとに指定されている ITM (Individual Trader Mnemonic) を設定します。この欄はギブアップ注文には必須です。

ITM を指定する際、[パーティ ロール] 欄の適切な値を選択することで、この値がトレーダーITM またはメンバーITM と同等であるかどうかを設定する必要があります。

新規/決済 (Open/Close)

新規 (Open)

決済 (Close)

トレーダーのポジションが、オープンかクローズかを設定します。

口座番号 (Account Number)

フリーテキスト (最大 14 文字まで)。

追加でユーザー定義の、クライアント識別子を設定します。

この欄は、ロンドン銘柄の場合はオプションであり、アムステルダム銘柄を取引する場合は必須となります。その他全てのマーケットでは、この欄は [清算指示] (Clearing Instruction) 欄を生成する場合にのみ必須となります。

この欄は [ClientInfo] (クライアント情報) として取引所 API に転送されます。

顧客リファレンス (Client Reference)

フリーテキスト (最大 14 文字まで)。

追加でユーザー定義の、クライアント識別子を設定します。

この欄は、アムステルダム銘柄の取引の際と、口座タイプがクライアントに等しい場合にのみ必須となります。この欄は、その他すべての場合ではオプションであり、[口座] 欄にて取引所 API に転送されます。

[CTI/Origin] 欄の説明に関しては、NYSE Liffe U.S. オンラインヘルプの 口座コードのサポート ページを参照してください。

ベーシス取引とアゲンストアクチュアル取引の追加欄

ベーシス取引とアゲンストアクチュアル取引を発注するには、NYSE Liffe の一般ホールセール取引欄にリストされている欄をすべて入力する必要があります。 さらに、以下に表示する [注文詳細] セクションを入力する必要があります。

ベーシス取引とアゲンストアクチュアル取引の追加欄

X_TRADER 欄

詳細

ISINコード

取引する現物キャッシュ レッグの ISIN コード (国際証券コード) を使ってこの欄を生成します。

この欄はベーシス取引には必須であり、アゲンストアクチュアル取引ではオプションです。

現物価格 (Cash Price)

現物銘柄の現物価格を使ってこれを生成します。

現物リファレンス (Cash Reference)

ベーシス取引のキャッシュ レッグのユーザー定義リファレンスを使って、これを生成する必要があります。この欄には最大 14 文字 (数字) を使用できます。