Try TT Now

X TRADER® JA

ワークスペースの転送

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

TT では X_TRADER Workspace Mover という、ワークスペースの転送を自動化させるための自動ツールを用意しています。これは TT カスタマー ポータルからダウンロードできます。ただし、手動により端末間でワークスペースを転送させることも可能です。

:以下の説明は、X_TRADER が新規の端末にすでにインストールされていることを前提として進められます。

警告:端末間でワークスペースと設定を転送する操作は、同じ X_TRADER のバージョンが実行されている端末間でのみ可能となります。古い端末が X_TRADER の旧バージョンを実行している場合は、ログファイルを収集した後で、新規の端末で実行注の X_TRADER と同じバージョンにマシンをアップグレードして頂くことをお勧めします。

旧端末にてファイルを収集するには

  1. [システム トレイ] の右下部にある、Guardian アイコン をダブル クリックします。
  2. [ツール] メニューから、[ログファイルの収集] (Collect Logfiles) を選択します。ファイルは .zip ファイルに圧縮され、<root drive>:ttlogfiles に保存されます。
  3. 新規の X_TRADER 端末に .zip ファイルを転送します。

X_TRADER ワークスペースを転送させるには

  1. .zip ファイルの内容を新規デスクトップに抽出します。
  2. 抽出フォルダにある tt フォルダを見つけて開きます。
  3. datfiles フォルダを開いて、すべてのファイルとフォルダをコピーします。これらは旧端末に存在したワークスペースです。
  4. <root drive>:ttdatfiles フォルダにコピーした内容を貼り付けます。
  5. <root drive>:ttlogfiles フォルダにて、tt_current_user_reg.txt ファイルのコピーを作成します。
  6. ファイルの名前を tt_current_user.reg に変更します。ファイルの拡張子を変更することを確認します。
  7. tt_current_user.reg ファイルをダブルクリックして、X_TRADER 旧端末から X_TRADER 新規端末に、設定を適用させます。情報を追加するに際して確認メッセージが表示されます。
  8. [はい] をクリックします。設定はレジストリに適用されます。
  9. 新しい X_TRADER 端末をリブートします。