ケース スタディ: グローバル銀行
FIX 取引所アクセス

TT® 企業ソリューション

TT のアーキテクチャーと配信モデルは、お客様の要望に対応できる解決策をすばやく簡単に確立できるように構成されています。弊社の拡張可能なオープン アーキテクチャーは、市場にいち早く新機能を提供できるだけでなく、あらゆる利用者に幅広く奥行きのあるエンド・ツー・エンド ソリューションを提供できます。以下に、大規模なグローバル銀行が TT を採用することで独自の課題に対処できた例を紹介します。

状況と要望

この主要グローバル銀行はトレーディング・テクノロジーズの長年のお客様であり、先物取引のため約 250人の顧客ユーザーに TTNET™ を通じて X_TRADER® を展開していました。この会社は、内部ユーザーのためやマルチアセット顧客、FIX 注文フローのための先物取引所アクセスとマーケット データ用として、別の EMS ベンダーの解決策もホスティングしていました。

EMS の解決策はホスティングや維持、サポートの費用が高くついていました。会社はすべてのアップグレードを管理する必要があり、各リリースごとに厳密なテストが必要でした。会社はサポートが簡単で、かつ必要な機能がすべて揃っている1つの解決策を探していました。会社はすべての同じ取引所に低遅延アクセスが必要だったので、新しい解決策会社の顧客ユーザーや内部トレーダー、ブローカー、FIX 注文フローに対応できるものが必要でした。会社はまたより洗練された執行機能と、執行デスクで顧客により良く対応できる OMS を取り入れることに興味がありました。会社は結局、より洗練されたリスク制御と、顧客が専有アルゴやブラック ボックス アプリケーションをホストできる機能を必要としていました。

解決策と利点

Trade Execution

1取引端末

弊社は、グローバル銀行が先物取引に使用している現在のツールをすべて TT に変えることを提案しました。弊社は TT プラットフォームに一定の接続取引所を追加して、現在の解決策と同等サービスを提供するため、すぐに対処する必要がありました。銀行は弊社の提案に同意して、FIX 注文フローを TT に移動し始めました。そして X_TRADER から TT へと顧客を移管させ、最後に現在ホスティングしていた EMS 解決策から内部ユーザーを移管させました。TT の SaaS 展開モデルのお陰で、取引プラットフォームのテストとメンテナンスに関係した会社のサポートも単純化でき、費用も大幅に削減できました。

Market Access

取引所アクセス

弊社はこの商談を勝ち得るため、この銀行が以前からアクセスできていた取引所の接続を提供する必要がありました。弊社はそれまでにも多数の取引所への接続を確立していましたが、さらに新たに追加する必要がありました。弊社は現在、世界中に配置しているコロケーション近接ホスト データ センターを通じて、6大陸にある 50 箇所の 取引所 にアクセスを提供しています。弊社は低遅延ネットワークは、スタックバイパスを使った高性能の NIC と 10 GB のインフラストラクチャーを利用して設置されています。アクセス ポイントやネットワーク バックボーン、取引所アクセス、ソフトウェア、ハードウェア、データ センターなど弊社の提供するサービスは、冗長性やフェイルオーバー、災害時の回復を考えて設計されています。

FIX
Data
Infrastructure

低遅延 FIX 注文送信と取引所データ

弊社のFIX サービスには、FIX Order Routing、FIX Market Data、FIX Drop Copy が含まれます。銀行による専用インフラストラクチャーと予測し易い注文の遅延性の要望のため、弊社は様々な TT プラットフォーム コンポーネントの専用インスタンスを実行する TT Reserved サーバーを提供しました。銀行は現在、弊社の殆どのデータ センターにて FIX Order Routing、FIX Market Data、取引所注文ルーティング、リスク チェックに TT Reserved サーバーを使用して、FIX を通じて大規模な出来高を取引しています。銀行は FIX マーケット データを使用して、さらに弊社の新規 Binary Market Data フィードをテストしています。これはさらに早く、簡潔なエンコーディングの FIX メッセージを提供します。

Trade Execution
Algos

執行ツール

銀行の顧客は、Autospreader®、Aggregator、ADL®、SSE (合成注文タイプ) など、X_TRADER の洗練された執行ツールを長年使用していました。これらは弊社のコロケーション データ センターのサーバーに展開されています。顧客ユーザーを TT に移管した際、銀行はこれらの機能にアクセスできるだけでなく、すべての機能が TT で再設計され、性能や機能、有用性がさらに向上されました。TT ではまた、より洗練されたオプション分析など、X_TRADER では提供していなかった、拡張オプション パッケージ提供しています。銀行の代理人デスクや内部トレーダーは、弊社の執行ツールに非常に強い興味を示しました。これは現在販売されている EMS 対応の中では非常に大きな改善でした。特に会社は、様々なTT 注文タイプを使用するのが不安であると言っていました (時間切り、出来高切り、トレイリング、OCO など多数の注文タイプを提供しています)。

Risk Management

リスク管理

規制とコンプライアンスの要件がより厳しくなり、この銀行はリスク制限の部分で厳密な要望をもっていました。弊社のリスク管理機能には、広範囲な取引前の制御機能が含まれています。これには様々な注文サイズ、ポジション、クレジット限度、価格妥当性、その他の価格制御や、自己マッチ回避などがあります。銀行からはさらに厳しい限度の要望があったので、会社の希望どおりに弊社はこの仕様を提供しました。

Infrastructure

サービスとしてのインフラストラクチャー

銀行の顧客の中には、専有ブラック ボックス取引アプリケーションを所有していて、取引所アクセスを必要としているユーザーがいました。弊社は様々な方法でアクセスを提供できます。顧客は銀行の専用 TT FIX インフラストラクチャーでアプリケーションを統合するか、またはアプリケーションを各自で TT .NET SDK に変換することができます。どちらの方法にしても、弊社のInfrastructure-as-a-Serviceの提供で、TT エコシステム内にこれらのアプリケーションをホストでき、非常に手頃な費用で超低遅延のアクセスを提供できます。顧客が取引所アクセスと生のマーケット データのみを要望している場合、弊社が提供するインフラストラクチャーにて、アプリケーションのホスティングに加えてそれも提供できます。これは、この銀行との商談を勝ち得ることのできた一番のセールス ポイントでした。

OMS

OMS

銀行がすべての移管を終え、他のベンダーとの契約を終了した際に、銀行はTT OMSの評価を行いました。弊社の OMS はプラットフォームに統合されているので、会社にとってはより魅力的でした。これにより、統合に必要な労力と時間を最小限に抑えることができ、しかもこれは銀行が管理してサポートする必要のない別のプラットフォームでした。

TT 企業ソリューション

弊社が様々なお客様に対して、全体的なエンド・ツー・エンドの企業ソリューションを展開している1つの例を、以上に紹介させて頂きました。会社の事業をさらに展開し、企業のワークフロー価値を最大限に生かして、費用を最適化するための方法について詳しく知って頂くには弊社の営業にお問い合わせください。