Try TT Now

Autospreader JA

スナイパー注文の使用

概要

スナイパー注文は Autospreader の注文タイプであり、希望するスプレッド価格で、完全にスプレッド約定させるため、スプレッドのすべてのレッグがマーケットをクロスできる場合、アウトライト レッグ注文のみがマーケットに送信されます。スナイパー注文には以下の利点があります。

  • Autospreader ではマーケットのクォートが繰り返し行われないので、メッセージの表示が減少されて、システム パフォーマンスが向上されます。
  • クォートで限度がある取引所と準拠しています。

レッグ注文が送信される際、マーケットに発注されて、可能な程度まで即時約定されます。注文の残枚数が、既存の指値注文として、マーケットに約定待ちで残されます。スナイパー注文の既存の枚数は [ヘッジ マネージャ] により管理されませんが、 [ASE Order Block] を使って、ADL にて管理できます。詳細は ASE Order Block ヘルプを参照してください。

スナイパー注文は、リロード注文と連携して使用できます。また Autospreader MD Trader または X_TRADER [銘柄情報] (Market Grid) のいずれかから送信できます。

MD Trader からのスナイパー注文の送信

スナイパー注文タイプは注文タイプ ボタン (SNP) として設定されていて、Autospreader MD Trader に表示されます。[SNP] と [RLD] 注文ボタンの両方をクリックすると、スナイパー注文とリロード注文を一緒に選択できます。

MD Trader にてスナイパー注文を送信するには

  1. [Autospreader マネージャ] からスプレッドを起動します。
  2. 発注枚数を設定します。
  3. Autospreader MD Trader スプレッド ウィンドウにて [SNP] ボタンを選択します。

  4. 注文を送信します。

SNP ボタンを選択して、価格板にて価格を選択した後、スプレッド注文が送信され、約定待ち注文として送信されますが、スプレッドのためのクォート注文はまったく送信されません。Autospreader MD Trader 価格板の [買] と [売] 列の上にマウスをポイントすると、SNP が選択されていることを、カーソルで強調表示されます。後の注文はスナイパー注文として送信されます。スナイパー注文タイプ機能を削除するには、[SNP] ボタンをクリックします。

銘柄情報からのスナイパー注文の送信

スナイパー注文タイプは、[相場状況] (Market Window) 発注画面の [モディファイア] セクションのドロップダウン メニューに、「スナイパー」として表示されます。スナイパー注文を選択してスプレッド注文を送信すると、スプレッド注文は約定待ちとして表示されますが、スプレッドのためのクォート注文は送信されません。

相場状況にてスナイパー注文を送信するには

  1. [相場状況] (Market Window) にてスプレッドを起動します。
  2. [銘柄情報] (Market Grid) にてスプレッドを強調表示します。
  3. [発注画面] (Order Pane) の [モディファイア] セクションの、ドロップダウン メニューから、スナイパー注文モディファイアを選択します。

  4. 注文を送信します。

スナイパー注文の存続期間

スナイパー注文の存続期間を、以下の段階に分けることができます。

  • 約定待ち
  • 待機
  • 約定済み (買または売)

待機スナイパー注文の例

この例では、スプレッドは 1 x -1 スプレッド比率で作成され、30 枚のスプレッド買注文が、ヘッジ レッグにて -5 のペイアップ ティックで、スナイパー注文として送信されます (CME ES Sep13 限月)。Autospreader はスナイパー注文スプレッド値を達成し、マーケットにレッグ注文を送信しました。クォート レッグの注文 (CME ES Jun13 限月) は即時約定されました。

ヘッジ レッグは、インサイド マーケットから 5 ティックの既存の指値注文を示し、これはこのレッグに -5 のペイアップ ティック設定が反映されています。スプレッドは、マーケットに存続する待機アウトライト注文の約定待ちを続けます。

以下の図で示されているように、約定待ちスナイパー親注文とレッグ注文には、スナイパー固有の色の配色バーが表示されます (レッグ ヘッジ注文を示した、オレンジ色の配色バーと同様です)。

スナイパーの配色は、スナイパー レッグ注文がマーケットで約定待機している場合にのみ、親スプレッドとレッグに表示されます。これで、すべての約定待ちスナイパー レッグ注文と、非スナイパーの約定待ちの Autospreader レッグ注文とを区別させる意味で、レッグ注文にカスタム設定した配色は上書きされます。

注文管理ウィンドウでのスナイパー注文の表示

スプレッド注文がスナイパー モディファイアで送信された後、[注文約定状況] (Orders and Fills Window) にて約定待ちとして表示されます。そして「スナイパー」は [モディファイア] 列に表示され、「リロード」(該当時のみ) は、[拡張設定] (Advanced) 列に表示されます。

スナイパー注文は、以下の点を除いて、[注文約定状況] (Orders and Fills Window)、[注文一覧] (Order Book)、[親注文一覧] (Parent Order Book ) の通常のスプレッド注文に類似しています。

  • リンク タイプ (Link Type):子レッグ注文のリンク タイプとして 「ASN」 が表示されます。
  • 残枚数 (Work Qty):マーケットにまだトリガーされていない、スナイパー スプレッド単位が表示されます。
  • 待機数 (Pending Qty):マーケットにまだトリガーされていないが、完全に約定していないスナイパー スプレッド単位が表示されます。
  • 約定枚数 (Filled Qty):完全に約定されていないスナイパー スプレッド単位が表示されます。

設定パラメータの影響

以下の Autospreader Configurationパラメータにより、スナイパー注文の使用に影響が及ぼされます (一覧されていないパラメータは、スナイパー注文機能に影響を与えません)。

優先順位ホルダー注文はスナイパー注文でサポートされていません。さらに、レッグのプレヘッジ ルールとポストヘッジ ルールは、スナイパー指値注文に適用できません (理由はスナイパー指値注文はヘッジ注文ではないからです)。

オフセット出来高乗数とベースと最小参照枚数

レッグごとの設定である、[オフセット出来高乗数] (OVM、Offset Volume Multiplier) と [最小参照枚数] (BVL、Base Volume Lean) がレッグに適用され、アウトライト レッグ注文を送信する前に、必要なマーケット出来高を決定します。

ペイアップティック (Payup Ticks)

レッグのペイアップ ティック値の設定は、送信前にスナイパー指値注文に適用されます。

クォート モード

[クォート モード] (Quoting Mode) 設定の [All or None] (再送信付)、[All or None w/ Resubmit]、[ダイナミック リーン] (Dynamic Inside Lean) が、スプレッド注文に適用されます。

  • [All Or None] (再送信付) または [All Or None With Resubmit] 設定エンジンは、最小ヘッジ枚数 (最小参照枚数とオフセット出来高乗数) が満たされるまで、各レッグの気配を進み続け、結果値を使って、希望するスプレッド値が現在使用可能であるかどうかを決定します。[All or None w/ Resubmit] が設定されていると、注文は [All or None] (再送信付) として送信されますが、「再送信」の操作はサポートされません。
  • ダイナミック リーン (Dynamic Inside Lean):インサイド マーケットの枚数を使用して、部分約定のためにマーケットに送信されるレッグ注文枚数を決定します。

スナイパー注文でのリロードの使用

リロード注文タイプは、スナイパー注文と一緒に使用します。新規のリロード スプレッド注文は、以前のスナイパー注文が完全に約定された後に初めて送信されます。これは、以前に送信されたスプレッドからのすべてのコンポーネント (約定待ちや待機注文など) が約定または取消されるまで、すべての新規スナイパー スプレッド注文は送信されないことを意味しています。