Try TT Now

Autotrader™ JA

取引パラメータ ボックス

[取引パラメータ] (Trading Parameters) ボックスは 3 つのセクションに分かれています。

  • 全般情報 (General Information):このセクションには、プロファイルにある全銘柄の満期日に関する一般情報が含まれます。
  • プロファイル パラメータ セクション: このセクションには、プロファイルの取引パラメータが含まれます。パラメータには買/売注文の価格、枚数、マーケットオフセット、カバー注文等の情報が含まれます。
  • クォート リミット セクション: クォート リミット (Quoting Limits): このセクションでは、市場の動きに対応できるように Autotrader を設定します。さらに、ポジションと指値修正範囲を設定します。

[全般情報] (General Information) セクションを使用して、以下のパラメータを設定します。

パラメータ名詳細

口座

X_TRADER で設定した全顧客口座を表示します。

:表示されている口座プロファイルが変更されると、同時にグリッドも更新されます。

Profile Base Price (プロファイルベース値)

以下のオプションに基づいて、プロファイルベースのベース値を設定します。

  • ダイレクト発注 (Direct Order Entry):Autotrader にリンクさせる外部アプリケーションに設定する値を使用します。値は直接スクラッチパッドに貼り付ける必要があります。
  • 成行 (Market): 最良買値または最良売値を使用します。
  • シングル理論値 (Single Theo):Uses a single theoretical price you define in the [理論値] (Theo Prices) セクションの [シングル理論値] (TheoSingle) 列に定義した、シングル理論値を使用します。 買と売を指定するオフセットによって変わります。
  • 買/売理論値 (Bid/Ask Theo):[理論値] (Theo Prices) セクションの [理論買値] (TheoBid) と [理論売値] (TheoAsk) に定義した、理論値買と理論値売を使用します。

:詳細は、Autotrader への理論値のリンク付け理論値セクションを参照してください。

Throttle Quotes (クォート抑制)

Autotrader がクォートを市場に送信する、頻度 (ミリ秒単位) で調節します。この頻度調節により、過剰クォートに対する取引所の、手数料の発生を防ぐことができます。この欄がゼロ (0) の場合、プロファイルベース値が変更する度に Autotrader はクォートを更新します。

例 (Examples) を参照してください。

:ユーザーがマーケットの場合、Autotrader はユーザーの注文を変更しません。

Throttle Fills (約定抑制)

約定の頻度 (ミリ秒単位) にて制御して、シートでポジションを更新する時間を確保します。この抑制により、スプレッドに Autotrader と Excel の両方を使用する場合、スプレッドのセカンドレッグが、常に重複約定するのを防ぎます。

この機能では、スプレッドのセカンドレッグを続けて送信できるため、注文間の抑制度よりも優れています。

Enable Cover Orders (カバー注文の有効)

カバー注文のための Autotrader を設定します。注文が一方のサイド (買または売) で完全または部分的に約定した場合、Autotrader は反対サイド (売または買) にカバー注文を発注します。

: 買注文が約定した場合、Autotrader は売注文を発注します。

プロファイル パラメータ セクション (Profile Parameters Section) の [カバー注文オフセット] (Cover Order Offset) を使って、約定値からのオフセット値を設定します。

Cover Order Color (カバー注文色)

Autotrader が、市場に送信するカバー注文の指定に使用する色を設定します。

Manual Requote (手動再クォート)

Autotrader が完了する約定数を制御します。この機能は、初回の約定後約定をストップします。ゆえに Autotrader は、意図しない約定注文や不明の約定注文を続行することはありません。

[注文の更新] (Update Orders) をクリックして、再クォートする必要があります。

プロファイル パラメータ セクション

プロファイル パラメータ (Profile Parameters) セクションを使用して、取引パラメータを定義 します。 Autotrader はこれらのパラメータに基づいて、クォートの送信や削除の仕方を設定します。

:任意の数値用セル (オフセット枚数) で 数式の使用 (Using Formulas)を使用して、ダイナミック値を作成できます。

パラメータ名詳細

Bid Offset (買オフセット)

Autotrader が買注文を発注する Profile Base Priceプロファイルベース値 (Profile Base Price) からの値単位数を設定します。市場が動くと、Autotrader はオフセットに合わせて注文値を調整します。[全般情報] (General Information) セクションの クォート抑制 (Throttle Quoting) 機能を用いて、注文送信の頻度を設定します。

:オフセットを正数に設定すると Autotrader は Profile Base Price の外側の値で注文を送信します。負数に設定すると、Autotrader は プロファイル ベース値 (Profile Base Price) の内側の値で注文を送信します。

Bid Quantity (買枚数)

買注文時に Autotrader が使用する既定買枚数を設定します。

Ask Offset (売オフセット)

上記の [Bid Offset] (買オフセット) と同様ですが、買注文の代わりに売注文に適用されます。

Ask Quantity (売枚数)

上記の [Bid Quantity] (買枚数) と同様ですが、買注文の代わりに売注文に適用されます。

Cover Order Offset (カバー注文オフセット)

Autotrader がカバー注文を送信する約定値からの値単位数を設定します。

  • 約定買注文では、Autotrader は約定値をオフセット設定分超えた価格でカバー注文を送信します。
  • 約定売注文では、Autotrader は約定値をオフセット設定分下回る価格でカバー注文を送信します。

更新方法

値の変更によりクォート注文にどのように影響が及ぼされるかを定義します。

  • 取消/差替の使用 (Use Cancel/Replace)Autotrader はクォート注文を取消し、新規注文を市場へ送信します。
  • 残枚数の取消/差替 (Use Cancel/Replace partial fill quantity):Autotrader はクォート注文を取消し、発注枚数の代わりに未約定の残枚数で、新規注文を送信します。

:20 枚の注文があります。15 枚が部分約定した場合、20 枚で差替える代わりに、新規注文は残枚数の 5 枚で送信されます。

  • 変更の使用 (Change): Autotrader は、受け付ける取引所に変更要求を送信します。この変更は2つではなく1つの取引として計算されます。

クォート リミット セクション

このセクションでは、Autotrader の市況への対応の仕方を設定します。さらに、最大ポジション警告のしきい値も設定します。

:任意の数値用セル (例、最大ポジション (Maximum Position)、 変更許容範囲 (Change Allowances)、指値修正範囲 (Market Improve Limit) など) で 数式の使用 (Using Formulas)を使用 して、ダイナミック値を作成できます。

パラメータ名詳細

Yes

ショートおよびロング両方に使用する最大オープン ポジションを設定します。この値に達すると、Autotrader はポジションを増加する側のクォートを停止します。

この場合、Autotrader はクォートが最大ポジション限度額を超過 (Quote Exceeds Maximum Position) ウィンドウを表示しますが、ポジションを減少させる側のクォートは続行します。

ポジションが 最大ポジション (Maximum Position) 設定以下になると、Autotrader はクォートを再開します。この設定は次の内容に基づいています。

  • オープン ポジション (Open Position):各口座の各銘柄のポジションを示します。
  • 行のポジション (Row Position):該当行の Autotrader ストラテジーを使用して取引した注文のオープン ポジションを示します。

:[最大ポジション限度額] (Max. Position Limit) は、リスク管理者により設定されたリスク パラメータよりも優先されません。

買変更許容範囲 (Bid Change Allowance)

[ベース プロファイル値] (Base Profile Price) からの最良買値の最小許容範囲を設定します。この値に達すると、Autotrader はクォートを自動的に調整します。

売変更許容範囲 (Ask Change Allowance)

[ベース プロファイル値] (Base Profile Price) からの最良売値の最小許容範囲を設定します。この値に達すると、Autotrader はクォートを自動的に調整します。

インサイド クォートをマーケットにジョイン (If Quote Inside, Join Mkt)

マーケットの内側にある注文を現在の取引値に一致させます。

このチェックボックスは、理論値またはダイレクト発注モデルと併用して下さい。

アウトサイド クォートをマーケットにジョイン (If Quote Outside, Join Mkt)

現在のマーケットの外側にある注文を取引値に一致させます。

このチェックボックスは、理論値またはダイレクト発注モデルと併用して下さい。

マーケットのクロス回避 (Don't Cross Market)

マーケットにクロスする注文をすべて受付拒否します。既定ではオフ設定になります。

このチェックボックスは、理論値またはダイレクト発注モデルと併用して下さい。

:クロス注文の確認は Autotrader が自動的にクォートする場合に行われます。

指値修正範囲 (Market Improve Limit)

クォートが指値を修正できる最大範囲を設定できます。

注文が設定された限度以上の指値を修正する場合は、Autotrader は限度内に留まるように注文を自動的に調整します。

このパラメータは、理論値またはダイレクト発注モデルと併用します。

クォート修正範囲 (Quote Move Limit)

クォートの変動範囲を設定します。新規クォートが クォート修正範囲 (Quote Move Limit) を超過した場合、Autotrader ではそのクォートを市場に送信せず、警告メッセージが表示されます。

独自に作成された理論公式やスプレッドシートを使用する際は、この欄の設定を有効にすることをお勧めします。

:クォートリミットの確認は、Autotrader が自動的にクォートする場合のみに行われます。

ステイルクォートタイムアウト(秒)(Stale Quote Timeout (secs))

理論値シートの有効性を確認します。クォートが設定した秒数内で動かない場合、Autotrader はスプレッドシートを確認するように通知します。

独自に作成された理論公式やスプレッドシートを使用する際は、この欄の設定を有効にすることをお勧めします。

:Autotrader は失効したクォートを削除します。