Try TT Now

X_STUDY® JA

価格分布コンテキスト メニュー

価格分布 (Price Distribution) チャート には、X_STUDY で利用可能な他のチャート タイプとは、まったく異なって表示されるデータが含まれています。この為、このチャートには独自のコンテキスト メニューが含まれています。

X_STUDY 7.8.1 およびそれ以降のバージョンでは、前述バージョンの価格分布チャートで、コンテキスト メニューから特定の値を Excel と X_TRADER に直接リンクできます。

価格分布チャートを右クリックして、価格分布コンテキスト メニューにアクセスします。

注: [Split New TPA] (新規TPA の分割)、[Link to Excel] (Excel へのリンク)、[Link to X_TRADER] (X_TRADER へのリンク) オプションは X_STUDY 7.8.1 およびそれ以降のバージョンでのみ利用できます。

次のオプションを使用できます。

  • Chart Type (チャート タイプ):データに影響を及ぼさずに、表示するチャートの種類を変更できます。

  • HLC 三本値バー チャート: 高値 - 安値 - 終値
  • OHLC 四本値バー チャート: 始値 - 高値 - 安値 - 終値
  • 決済 (Close):線または点で表示できます。
  • Candlestick (ローソク足):始値、高値、安値、終値、色により値上り、値下りを表示します。
  • Tick (ティック): 線または点で表示できます。
  • Price Distribution ( 価格分布):一定時間にわたる価格の分布を示します。
  • Launch Spread Legs (スプレッド レッグの起動):スプレッド チャートの各レッグのアウトライト チャートを起動します。
  • Split All (すべて分割):各 TPA を1列ごとに分割すると、分布と仕切り直しをより詳しく表示できます。

    :すべて分割するのではなく、TPA を手動でクリックして、クラスターとは別の個々の列に分割します。これは、[Auto Split] (自動分割) が有効でないと実行できません。

    分割の例 を参照してください。

  • Remove All Splits (すべての分割を解除):セッションの TPA 文字をすべて元のポジションに戻します。
  • Split New TPA (新規 TPA の分割):X_STUDY 7.8.1 およびそれ以降のバージョンでは、新規 TPA バーをすべて自動的に分割できます。このオプションは Steidlmayer 分割モードが有効の場合には利用できません。
  • Steidlmayer [TVP] Auto Split (Steidlmayer [TVP] 自動分割):[Initial] (初期) プロパティと [Breakout Lookback] (ブレークアウト ロックバック) プロパティに基づいて、分割を作成します。

    分割の例 を参照してください。

  • Reset All Distributions (すべての分布のリセット):マージ済み分布のマージ解除、また Steidlemayer [TVP] とすべての分割を削除します。
  • Display Volume (枚数の表示):データの横に、[horizontal bar chart] (水平バー チャート) を追加して、各価格の取引数を表示します。

枚数の表示

  • Display Tick Volume (ティック枚数の表示):データの横に、[horizontal bar chart] (水平バー チャート) を追加して、各価格の取引数を表示します。

枚数の表示とティックの表示

:いずれか一方、または両方の横棒グラフを表示できます。両方を表示する場合、ティックボリュームグラフが後に表示されます。

  • Display TPA Count (TPA カウントの表示): チャートの下部に TPA カウント ウィンドウを追加します。この設定を有効にした場合、TPA カウントがカーソルにそって移動し、時間価格高 (TPH)、時間価格低 (TPL) が表示され、カーソル上下の TPA 数がカウントされます (TPA)。 チャートの説明TPA データ ウィンドウ セクションを参照してください。

TPA カウント

  • Link To Excel (Excel のリンク): X_STUDY 7.8.1 とそれ以降のバージョンでは、価格分布チャートから直接 Excel に、データをコピーして貼り付けることができます。

  • Current Value (現在の値): テクニカル分析指数の現在の値を示します。
  • Previous Value (前の値): テクニカル分析指数の前の値を示します。コピーする本数を指定します。
  • Delete All (すべて削除): Excel で貼り付けたリンクを削除します。

 

  • Link To X_TRADER (X_TRADER のリンク): X_STUDY 7.8.1 とそれ以降のバージョンでは、価格分布チャートから直接 X_TRADER に、データをコピーして貼り付けることができます。

  • Current Value (現在の値): 現在の始値、高値、安値、または終値。
  • Previous Value (前の値): 前の始値、高値、安値、終値。コピーする本数を指定します。
  • Delete All (すべて削除): X_TRADER で貼り付けたリンクを削除します。

 

  • Daily Value Box (当日値ボックス): 選択解除した際に、左上部隅から銘柄値を削除します。既定では選択されています。

当日値ボックスの垂直表示

  • Price Axis (価格軸):選択解除した際に、チャート エリアから垂直価格軸を削除します。既定では選択されています。
  • Properties (プロパティ):クリックしたチャートのウィンドウ プロパティを設定できます。