X TRADER® JA

X_TRADER の新機能 (X_TRADER What’s New)

本オンラインヘルプは X_TRADER バージョン 7.17 及びそれ以降のバージョンのための情報です。それ以前のバージョンのヘルプは、ここをクリックしてください。

X_TRADER® 7.17 には、以下の機能拡張と変更が含まれます。

  • TTNET の新規の X_TRADER ASP ASP 環境に連携して、X_TRADER 7.17® ユーザーは、同じ X_TRADER® および Autospreader MD Trader のインスタンスから、複数のブローカーに注文をルーティングできるようになりました。また注文や約定、ポジションを、ブローカーごとに表示およびフィルターできるようになりました。
  • ルーティング ルール機能の導入で、注文を個別のさらに分割して、別のブローカーや TT ゲートウェイを通じてルーティングできるようになりました。ルーティング ルールの概要ルーティング ルールの適用を参照してください。
  • Autospreader MD Trader ウィンドウから、スプレッドの各レッグに、異なったブローカーと顧客口座を選択できるようになりました。またペイアップ ティックをレッグに適用させて、優先順位ホルダー注文の設定や、オフセットのリロードができるようになりました。[設定ダイアログ ボックス] (Configuration Dialog Box) の機能の拡張により、マーケットで起動させる前にスプレッドをプレビューできるようになりました。その他の機能として、スプレッド画面にて新規のスナイパー注文のタイプがサポートされるようになりました。詳細は Autospreader オンライン ヘルプ を参照してください。
  • X_TRADER では、1つの TT ユーザー名に対して、同じ TT Gateway への複数のログイン (接続) をサポートするようになりました。複数の接続を確認できるように、X_TRADER で、各ゲートウェイ接続ユーザー定義のエイリアスが、[顧客設定] (Customer Defaults)、[銘柄情報] (Market Grid)、[ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログ ボックス、[注文管理] (Order Management) ウィンドウに表示されるようになりました。X_TRADER での複数の Gateway 接続の識別を参照してください。
  • X_TRADER コントロール パネルの [アラート設定] (Alerts Manager) を使って、視覚的や聴覚的な通知、電子メール通知を設定することで、リスク設定の監視が容易になりました。アラート設定の概要を参照してください。
  • [銘柄選択] (Market Explorer) にて TT Gateway がマーケットごとに表示されるようになりました。銘柄と銘柄タイプは、取引所のフレーバー TT Gateway ごとではなく、マーケットごとに表示されるようになりました (CME-A)。銘柄選択の概要 を参照してください。
  • MD Trader にて、新しい [銘柄検索] (Instrument Explorer) を使って、銘柄と銘柄タイプを選択できます。これにより、実行中の MD Trader インスタンスから限月を直接選択できるようになり、限月の指定やロールがしやすくなりました。[銘柄検索] (Instrument Explorer) は、[相場状況] (Market Window) の [銘柄情報] (Market Grid) からアクセスできます。MD Trader での銘柄選択の概要 と 銘柄情報での銘柄検索の使用を参照してください。
  • MD Trader ウィンドウから、ブローカー別、口座別、注文ルーティング TT Gateway 別に、約定待ち注文、ネット ポジション、平均値をフィルタできるようになりました。注文のフィルター と Broker と Gateway/Customer 一覧列 (MD Trader 欄の説明) を参照してください。
  • [銘柄情報] (Market Grid) にて限月を選択すると、[簡易歩み値] (Floating Time and Sales) ウィンドウを起動できるようになりました。設定した時間間隔内で、同価格で複数約定した取引枚数をまとめて表示できるようになりました。 簡易歩み値を参照してください。
  • [グローバル プロパティ] メニューにて、[約定画面のエクスポート] (Fills Pane Export) 設定を使って、約定のエクスポートをスケジュールできるようになりました。 約定状況の約定画面を参照してください。
  • [注文一覧] (Order Book) と [約定状況] (Fill Window) で、[注文約定状況] (Orders and Fills Window) と同じ機能を提供するようになりました。またウィンドウを分割して、フィルター ビューとタブ ビューを分かりやすくしています。注文一覧 と 約定状況 を参照してください。
  • ワークスペース内で取引ウィンドウをスナップする機能や、別のウィンドウとして移動できる機能を追加しました。画面の管理を参照してください。
  • X_TRADER の [グローバル プロパティ] が再構成されて、個別の検索機能を導入しています。X_TRADER の各ウィンドウと各画面にあるすべてのコンテキスト メニューから、[プロパティ] メニューを起動できるようになりました。 グローバル プロパティを参照してください。
  • 直接トレーダーに、直接トレーダーのメンバーシップ (M) とグループ (G) にマップされている TTORD の顧客の代わりに、注文を発注できる機能が追加されました。代理注文 を参照してください。
  • X_TRADER® 7.17.10 では、新しい TT Update のインストール手順を使って展開できます。この新機能により、新規バージョンへのアップグレードが非常に単純化されました。詳細は TT Update ヘルプ セクションを参照してください。
  • X_TRADER® 7.17.10 は、執行デスクが、注文一覧を共有しなくても、別のグループに注文を引継ぐことのできる、システム全体の機能強化の一環です。 注文引継ぎ を参照してください。
  • X_TRADER® コントロール パネルから、モニタリング ユーザー名 (CME の Tag 50 等) を、注文一覧の任意の共有ユーザーに変更できるようになりました。Gateway ログイン ダイアログを使ったモニタリング ユーザー名の変更を参照してください。
  • X_TRADER® 7.17.50 で [Aggregator] を導入し、取引インターフェースでお気に入りの限月を表示できるようになりました。詳細はAggregator の概要を参照してください。
  • X_TRADER® 7.17.50 にはまた、独立型の板情報 (Depth Window) が含まれ、特定の限月の詳細板情報または集約板情報のいずれかを表示できます。[相場状況] (Market Window) から簡易バージョンを起動して、現在選択している限月の詳細を表示できます。詳細は 板情報の概要を参照してください。

X_TRADER での複数のゲートウェイ接続の識別

ユニバーサル ログイン ID (ユーザー名) を TT User Setup 7.17 で設定して、同じ TT Gateway に複数の取引所資格情報を使って接続する場合、各 TT Gateway ログイン (MGT) にエイリアス (別名) が定義される場合があります。この場合、X_TRADER の発注画面、[注文管理] (order management)、[顧客設定] (customer defaults) ウィンドウに表示され、複数の接続間で区別しやすくなります。

ゲートウェイのグインに使用されている MGT に対し、エイリアス名が TT User Setup で設定されていない場合、X_TRADER で表示される際に、数値が括弧で囲まれて表示されます。この値は TT User Setup で自動的に生成されます。また別名が重複している場合にもこれが表示されます。詳細は以下の例を参照してください。