MIFID II アルゴリズム取引

概要

トレーディング・テクノロジーズは、X_TRADER で多数の自動取引ツールを提供しています。自動取引ツールの中には、多数の異なった入力やパラメータがあり、様々なユーザーが各自のニーズに合わせて、ストラテジーの動作の変更や微調整ができます。私たちの目標は、登録が必要となるツールのリストを単純化すること、つまり「アルゴ」のテストで機能の全体範囲を広くカバーできることです。以下に、トレーディング・テクノロジーズで提供している自動取引ツールの一覧を示します。

  • ADL: ユーザーは、ドラッグアンドドロップの構成ブロックで成っている、ビジュアル プログラミング限度の ADL を使って、独自のカスタム アルゴを開発できます。管理者により許可されている場合は、ユーザーは執行のため Algo Server にカスタム アルゴを展開できます。
  • Aggregator: Aggregator では、2つ以上の銘柄の市場を組み合わせる合成銘柄を作成できる機能を提供しています。ユーザーは、各自で設定したとおり、様々なパラメータに基づいて、1つまたは複数の取引所上場銘柄に注文を送信する、集約銘柄を発注できます。
  • Autospreader: Autospreader は、2つまたはそれ以上の銘柄間で、スプレッドのレギングを自動化します。ユーザーは合成スプレッドを定義し、Autospreader は、他のレッグの市場に基づいて、スプレッドの1つ以上のレッグにクォートします。クォートが約定すると、Autospreader は、希望の価格でスプレッドにレッグ化する試みにおいて、ヘッジ注文を送信します。
  • Autotrader: Autotrader は、Excel にリンクされているパラメータや数式、値に基づいて、銘柄に対し注文を自動的に発注する、マーケット メイク アルゴであり、オプションでアルゴを実行中に蓄積したポジションを管理します。
  • Liquidate: Liquidate は、ユーザーが1操作で銘柄に対しすべての既存の注文を取り消すことができ、同じ銘柄に注文のオフセットを送信して、その銘柄でオープン ポジションをフラットにできる、X_TRADER の機能です。
  • Sniper: Sniper アルゴをつかって、該当の価格で希望の枚数が利用可能になるまで、指定の価格で買または売の意図を隠すことができます。
  • Synthetic Order Types: TT では、ユーザーにより設定され、コロケーション サーバーで管理される、数々の合成注文タイプを提供しています。ユーザーは、銘柄に対し注文枚数を指定して、親合成注文に対しパラメータを設定します。パラメータ値は、サーバーに対して、取引所に子注文を送信する方法と時間を指示し、親注文の合計枚数を約定させます。X_TRADER で、合成注文タイプは SSE 注文タイプとしても知られています。 
 

アルゴ監視カウンセル (AOC)

トレーディング・テクノロジーズは、弊社の取引ツールや執行プラットフォーム内で MiFID II コンプライアンスをサポートするための、監視や通信、洗練を目的とした Algo Oversight Council (AOC) を発足しました。製品開発やエンジニアリング、品質保証、製品ドキュメンテーションの各分野のリーダーシップで構成されている AOC は、以下の操作と改善に関するアドバイスを行っています。

  • トレーディング・テクノロジーズのソフトウェア開発のライフサイクル内の手順とツールセットにおいて、新規に開発されたアルゴリズム取引ツールと、既存のツールの両方をサポートする拡張機能を確実に取り込み、MiFID II コンプライアンスをサポートしています。
  • 管理者や指定ユーザーが、X_TRADER 内でアルゴリズム取引操作を監視して、問題のあるアルゴ動作を特定して解決できるツールです。

ソフトウェア開発ライフサイクルと操作

トレーディング・テクノロジーズは、ソフトウェアの開発やテスト、展開プロセスを正式化しました。製品開発チームは、製品マネージャー、プロジェクト マネージャー、ソフトウェア エンジニアで構成されています。トレーディング・テクノロジーズのソフトウェア エンジニアリング グループ内には、すべての TT ソフトウェアのテストに特化した、専用のソフトウェア クオリティ エンジニアリング (SQE) チームチームがあります。

MiFID II で掲げられている要件は、開発中のトレーディング・テクノロジーズのソフトウェア開発ライフサイクルの執行を、新規アルゴリズム取引ツールや、既存の取引ツールの拡張機能や修正、操作の監督に伝えます。特に、トレーディング・テクノロジーズの開発プロセスには、MiFID II の要件に準拠して、記録の保持、承認、監督を含み、すべての新機能や拡張機能に対しては、開発中に厳密なテストが行われ、展開の後に続いて開発の操作を監視します。

記録の保持、承認と監督

トレーディング・テクノロジーズは、変更の内容や、変更の承認者、変更の日時、変更者などを含む、アルゴリズム取引ツールへの物質的な変更の記録を維持しています。これらの変更を管理するため、トレーディング・テクノロジーズは以下の操作を行います。

  • 問題管理システムを使って、ドキュメントの要件、設計、テスト、さらにソフトウェアの変更の追跡を行います。要件と変更の追跡を可能にするために、問題は、ソースコードに直接リンクされています。 
  • 変更管理システムを使用して、すべての通常の変更や緊急の変更に対する変更の承認プロセスを、ユーザーが使用している環境に促進します。
  • 自動や手動のテスト一式に対して、テスト結果履歴を維持する、テスト リポジトリを保持します。これらの結果は最低でも 1年間、またはそれ以上保持されます。

アルゴ展開テスト

Algo Oversight Council (AOC) は、特に新規アルゴの展開や、既存のアルゴへのすべての変更の承認を行います。AOC はまた、すべてのアルゴに対するテスト計画の確認や、テスト方法の監督を行います。  X_TRADER では、トレーディング・テクノロジーズは、通常のユーザーの展開を復元したテスト環境と、X_TRADER ASP の環境を復元した2つの環境を個別にテスト環境として維持しています。

TT ソフトウェア クオリティ エンジニアリング (SQE) グループは、手動と自動の両方のテストを行い、すべてのアルゴに対して標準の不具合テストを実施します。不具合テストは、注文のライフサイクルを通じた様々な段階での、注文の削除や変更、注文発注の変更に及びます。  以下の特定のテストが含まれます。

  • 取消
  • 取消/差替
  • 変更
  • 注文枚数の増減
  • 注文価格の増減
  • 全注文の削除
  • 部分約定後または変更後の削除

該当するテストは、親注文に直接的を絞った場合と子注文に直接的を絞った場合とで、別々に行われます。TT では、これらの実例において、注文や価格詳細、約定、損益、ポジション データの正確性を検証します。

お客様は、ユーザーによるアクセスを許可する前に、シミュレーション環境でアルゴの新規リリースをテストできます。会社の管理者は、すべてのアルゴにおいて、ユーザーのアクセスを綿密に制御することができます。 

アルゴリズム取引ツールへの物質的変更についてのクライアント通知

トレーディング・テクノロジーズは、以下の内容などの、アルゴリズム取引ツールに行われた物質的変更をお客様に通知します。

  • 次容量テストと TT 承認。クライアントの投資会社の ACO (Algorithm Compliance Officer) は、保留中のリリースが通知されます。
  • ACO は、容量と復元力 (該当する場合) のT テストの確認、および各自でテストして MiFID II コンプライアンスを満たすための独立した非実働ライブ環境の TT テストの確認が提供されます。
  • Customer Success アカウント マネージャーは、ACO と直接連絡を取り、電子メールやウェブサイト、トレーニング動画、GUI のアプリケーション通知により利用可能な、臨時回覧や製品マニュアルのリリースを含む、更新内容の通知を行います。
  • X_TRADER の利用者に影響が及ぼされる問題が発生した場合には、TT は電子メール アドバイザリを送信し、問題の報告と、問題に関するその後の更新情報をすべて通知します。